Coaching

2006年01月25日

おいしいお茶を入れたい

「私は自分の部屋にコーヒーと紅茶と日本茶とお抹茶を用意してあります。来客に飲み物をすすめるとき、どれがよいかと聞きますと、不思議なことに若い学生たちもお抹茶を所望することが多いのです。単に「お茶を」と言われたときにも、お抹茶を立てることにしています。なぜなら、お抹茶がお客様をいちばん落ち着かせるからです。お抹茶には不思議な力があります。ときには「自分は作法を知らないので」と尻ごみされる方もおられますが、「お茶は美味しく飲むのが最高の手法です」と申し上げています。」P183
プロカウンセラーの聞く技術


これを読んで、お茶の入れ方だけでも習いたくなりました。

今度引っ越すんですが、
そこに来てくれたクライアントに、
美味しいお茶を出して、
コーチングセッションを行いたいのです。

茶の本

ということで、
古典を読んでみたところで、
未だお茶は出せません…。
でも、

「美の霊手に触れる時、わが心琴の神秘の弦は目ざめ、われわれはこれに呼応して振動し、肉をおどらせ血をわかす。心は心と語る。無言のものに耳を傾け、見えないものを凝視する。名匠はわれわれの知らぬ調べを呼び起こす。長く忘れていた追憶はすべて新しい意味をもってかえって来る。恐怖におさえられていた希望や、認める勇気のなかった憧憬が、栄えばえと現れて来る。」P64

こんな心の呼応の話に、呼応してしまいます。

因みに、
ブログ、Livedoorから引っ越そうかと
思ったりもしましたが、
平松さんが社長になったので、
信用します。

ontherightcircle at 22:28|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

2006年01月11日

僕のコーチングを受けてみませんか?

はじまりは、
交換留学で1学期を過ごした
スペインのビジネススクール。

Service Marketing Management
というコースを受講した。

それは、
エアライン、ホテル、アミューズメントパーク、金融サービス等々、
現場最前線でお客さんに接するプロのスーパースター振りを
いくつも紹介するものでした。

受講している(プライドだけは高い)MBAの学生達は、
その話を聞くと、自分にそんなすごいスキルがないことに、
ふと気づき、不安になるのでした。

どうやったら、そういう人達のようになれるのか…。

そこで教授が紹介したのが、
アンソニー・ロビンズのビデオ。

当時アメリカでは、
常に彼の宣伝番組がケーブルテレビで流れていて、
「怪しいなあ…」
と思っていたのですが。

アカデミックと数字ゴリゴリのシカゴの学校に比べたら、
このバルセロナの学校は結構柔らか系でトレンディーでした。

しばらくして自分もアンソニーロビンズのCDを購入。
(彼は この映画に、本人役で登場しています。)
愛しのローズマリー 特別編


外資の営業で大変だったときなど、
これを聞きながら、
自らを啓発していました。

しばらくして、コーチングという言葉をよく聞くようになり、
週間東洋経済に特集されたりしだしました。

「この仕事でプロになりたい!」

と思い、コーチングの勉強を4年前から始めました。
一度資格取得はしたのですが、去年から学校を変えて、
この3月から、そちらでの資格を取得するコースに進むつもりです。

期間中に、5人の有償クライアントを持つのが、
資格コースの条件なのです。

そこで、クライアントになってくださる方を
募集します!

有償と言っても、
自分はまだ、たまごなので、
会った時に使うお茶代代わりにという
程度でできたらと思っています。

ご興味ある方は、
こちらをご覧ください!

お待ちしています。
ontherightcircle at 18:53|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2005年10月18日

ご無沙汰でした

コーチングの勉強をしています。

自分の心の中に深く潜ってみる、
という一つの手法があるのですが、
やってみて自分は深く潜ることができなかった。

深海まで行って、その景色を味わう前に、
水深3,4メートル位ですぐに答えらしきものを見つけて
慌てて水上に上がってきてしまうのでした。

ただ、「今」を意識して行うこの方法、
元来、東洋にあるものでないかという気がして。

そこで興味をもったのが、禅とか内観法。
ちょうど勉強仲間の一人に紹介された本でした。
禅的生活
通常、書き留めておきたいメッセージを見つけると、
項の端を折るのだが、
この本はあまりに多くの項を折ってしまったため、
本が厚くなってしまった。

禅の道の「い・ろ・は」そのものを、
その世界の達人が説くのだったら、
興味もわかなかっただろう。

が、この本は、西洋哲学における概念や
脳科学における発見に、
禅の意味を重ね合わせてくれる。

もう少しこなれてから、
この本については、また書くつもり。

ontherightcircle at 21:05|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2005年06月13日

続・指揮者のいない音楽会

Kennedy School of Government
"Nobody on the podium: Lessons about leadership from the Orpheus Chamber Orchestra"


先週のオルフェウス室内管弦楽団。
本ではリハーサルの様子がわからないので、ビデオ買いました。

長い間に培われたプロセス、
一人一人の意見を聞き、取り入れることと、
意見が食い違うときは、皆が従うルールがある、
そうです。

一人の楽団員がインタビューで、
「嫌いあう人もいるし、そんなキレイなモンじゃない。」
と答えていて、少し安心した。

ただ、楽団員達が自分達の演奏で満ちたりる感じは、
否定しようがないほどに、ビデオからでも感じられた。
他楽団より、10%いいパフォーマンスをするために
30%余分にリハーサルするそうです。

楽団員の平均年収は、$35,000。
オルフェウスを主収入とせず、
ほとんどの楽団員は、別の仕事で生計を立てているらしい。

「他の楽団に行けば、2倍の給料がもらえるのに、
オルフェウスの一員として演奏することが、
何よりもあなたがたを満たしているのですね?」

とハーバードの教授が最後にまとめたら、
インタビューを受けていた3人の楽団員、
答えにつまっていた…。
ontherightcircle at 22:27|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
Profile