2006年03月14日

こんなメッセージ

7年前に、大学時代のサークルの旧友が送ってきたメールに
貼り付けてあった詩です。
作者は知りませんが、大事に取ってありました。

訳したいとこだけ、日本語にしてみました。

「最高の友達というのはポーチのブランコで、何も話さず一緒にゆれながら、やがて立ち去るんだけど、今までで一番の会話ができたって、そんな気にさせてくれる友達のこと。」

「君の愛を全てささげるからって、同じように愛し返してもらえる保証はない。見返りの愛を期待せず、相手の心に君への愛が育つまで待ってみよう。それでももし育たないなら、その間、君の中で更に育った愛に満たされよう。人は1分で誰かに恋に落ち、1時間で誰か好きになり、1日で誰かを愛してしまえる。けれども、君が一途に愛したその人は君のことを一生忘れはしないだろうから。」

「見かけは、いつか君を裏切る。富は、いつか霞んでしまう。君を笑顔にする相手を選ぶんだ。何故なら暗い1日を明るくするのは笑顔しかないんだから。」

「夢見たいものを夢見て、行きたい場所へ行き、なりたい人になれ。人生は一度だし、君にはしたいことの全てをする一回きりのチャンスが与えられているんだ。」

「他の人の立場で考えよう。それでもし、君が辛く感じたら、その人も辛いに違いない。幸せと思われてる人達は必ずしも最高のものばかりに巡り会えてるわけではない。彼らは人生で体験する全てを無駄にすることなく役立てているんだ。」

ここからオリジナル。

Maybe God wants us to meet a
few wrong people before meeting
the right one so that when we finally
meet the right person, we will know
how to be grateful for that gift.

When the door of happiness closes,
another opens, but often times we look
so long at the closed door that we don't
see the one which has been opened for us.

The best kind of friend is the kind you
can sit on a porch and swing with,
never say a word, and then walk away
feeling like it was the best
conversation you've ever had.

It's true that we don't know what we've
got until we lose it, but it's also true
that we don't know what we've been
missing until it arrives.

Giving someone all your love is never an
assurance that they'll love you back!
Don't expect love in return; just wait
for it to grow in their heart
but if it doesn't, be content it grew in yours.
It takes only a minute to get a crush on
someone, an hour to like someone, and a day to
love someone, but it takes a lifetime to forget
someone.

Don't go for looks; they can deceive.
Don't go for wealth; even that fades away.
Go for someone who makes you smile because it
takes only a smile to make a dark day seem
bright.

Find the one that makes your heart smile.
There are moments in life when you miss someone
so much that you just want to pick them from
your dreams and hug them for real!

Dream what you want to dream; go where you
want to go; be what you want to be,
because you have only one life and one
chance to do all the things you want to do.

May you have enough happiness to make you
sweet, enough trials to make you strong, enough sorrow
to keep you human, enough hope to make you
happy.

Always put yourself in others' shoes.
If you feel that it hurts you,
it probably hurts the other person, too.
The happiest of people don't necessarily
have the best of everything;
they just make the most of everything that
comes along their way.

Happiness lies for those who cry,
those who hurt, those who have searched,
and those who have tried, for only they can
appreciate the importance of people who have
touched their lives.

LOVE begins with a smile, grows with a kiss
and ends with a tear.
The brightest future will always be based
on a forgotten past,
you can't go on well in life until you let go
of your past failures and heartaches.

When you were born, you were crying and
everyone around you was smiling.
Live your life so that when you die,
you're the one who is smiling and
everyone around you is crying.

ontherightcircle at 22:59│Comments(6)TrackBack(0)Days 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しょうこ   2006年03月15日 09:17
おはようございます。
朝から、胸にじーんときてます。

翻訳というのは、違う言語を母国語に置き換えることだけない ということを、想いながら読んでいました。

オリジナルにある何かが、訳する人の中を通って、出てくること。

話しているときよりも、いつものブログ記事よりも、Einarさんを強く感じました。

ありがとう♪
2. Posted by まのっち   2006年03月15日 19:32
そうね。。。
然るべきときに、然るべき人と出会うようになっている。
あとはそこから、自分が得るものを最大限に許してあげればいい。。。
そんなことを気付かせてもらった気がするな〜☆

今日は取り乱しメールをすんませんでした(-.-;)
3. Posted by 恵美子   2006年03月16日 02:49
久しく更新されてなかったので、どうしたのかなと心配していました。でも、元気でやっていらっしゃる様子、安心しました。
この詩、何回も心の中で反芻しました。今の私にぴったりとくる素敵な詩をありがとう。私も保存しておきます。
4. Posted by Einar   2006年03月27日 08:00
しょうこさん
訳についてコメントありがとう。
その時、どんな自分がいるかによって、
後で直したり、
語尾をどうしようかとか、
結構迷いますね。

まのっち

ようは見方、受け取り方だよね。
って言うと味気ないけど。

恵美子さん

ありがとうごあいます。
4月からまた、
Blogアップしていくつもりです。

引っ越したら、ネット接続が遅すぎて、
プロバイダー変更するも、
工事に1ヶ月かかるとかで…。
5. Posted by fanfan   2006年06月28日 01:07
はじめまして。素敵な詩だと思います。
私の大好きだったアメリカ人のボーイフレンドが「Smile!」といつもいっていました。
私はこの年になって「笑顔」がどんな意味を持つかわかった気がします。
私はこの詩、声にだして何度も読みます。
6. Posted by Einar   2006年07月05日 13:50
fanfanさん
はじめまして。
コメント入れて頂いたのに
気づいてなくてすいません。
(今Blogを引越し中でして…)

ありがとうございました。
そちらのBlogにもお邪魔しますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile