2006年01月25日

おいしいお茶を入れたい

「私は自分の部屋にコーヒーと紅茶と日本茶とお抹茶を用意してあります。来客に飲み物をすすめるとき、どれがよいかと聞きますと、不思議なことに若い学生たちもお抹茶を所望することが多いのです。単に「お茶を」と言われたときにも、お抹茶を立てることにしています。なぜなら、お抹茶がお客様をいちばん落ち着かせるからです。お抹茶には不思議な力があります。ときには「自分は作法を知らないので」と尻ごみされる方もおられますが、「お茶は美味しく飲むのが最高の手法です」と申し上げています。」P183
プロカウンセラーの聞く技術


これを読んで、お茶の入れ方だけでも習いたくなりました。

今度引っ越すんですが、
そこに来てくれたクライアントに、
美味しいお茶を出して、
コーチングセッションを行いたいのです。

茶の本

ということで、
古典を読んでみたところで、
未だお茶は出せません…。
でも、

「美の霊手に触れる時、わが心琴の神秘の弦は目ざめ、われわれはこれに呼応して振動し、肉をおどらせ血をわかす。心は心と語る。無言のものに耳を傾け、見えないものを凝視する。名匠はわれわれの知らぬ調べを呼び起こす。長く忘れていた追憶はすべて新しい意味をもってかえって来る。恐怖におさえられていた希望や、認める勇気のなかった憧憬が、栄えばえと現れて来る。」P64

こんな心の呼応の話に、呼応してしまいます。

因みに、
ブログ、Livedoorから引っ越そうかと
思ったりもしましたが、
平松さんが社長になったので、
信用します。

ontherightcircle at 22:28│Comments(5)TrackBack(0)Coaching | Books

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まみりん♪   2006年01月26日 00:51
おや、プチシンクロ。
私は「プロカウンセラーのコミュニケーション術」を図書館から借りてきています。
お引越し楽しみね。
2. Posted by まのっち   2006年01月26日 22:48
私の心琴が震えるならば、
それをつぶさに感じ取る私でありたい。

心琴が震えたとき、
どの肉が悦び、血の漣はどのように拡がるか。。。
それをも聴き取る私でありたい。。。
3. Posted by Einar   2006年01月28日 00:22
まみりん
ほんとだ。
東山京大副学長はいい本書かれていますよね。
夢分析とかもありますね。

まのっち
味わうってことかな。
この文、芸術作品にたいしての対話について述べてたんだけど。
絵などとの対話って俺はまだできたことないかも…。
4. Posted by しょうこ   2006年02月01日 22:39
「プロカウンセラーの聞く技術」
やっと読んだことのある本がされてる♪
と言っても、読んだのは4年以上前のこと。
コミュニケーション法について、模索していた頃、コーチングにたどりつく直前
だったなぁ と懐かしく思い出します。
5. Posted by Einar   2006年02月13日 08:20
悪口もいいのだということ、
井戸端会議の気遣いのすばらしさ。

そんなことも、この間会話して、
よみがえってきました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile