2006年01月09日

内観の感想

年末は大晦日まで内観研修所におりました。

いかに自分の日常生活が怠惰に乱れていたことか。

5時に起床し、着替え、清掃、布団もきれいにたたんで押入れに。
洗面後すぐに内観開始。

8畳間を与えていただきましたが、
トイレ、風呂、お茶を汲みに行く以外は、
その部屋の角の屏風の中で終日過ごす。

1.5-2時間毎に研修所長がやってきて、
屏風を開ける。

「この時間はどのようなことについてお調べいただけましたか?」

同じ失敗や過ちを繰り返さないために
自分の過去を振り返るのだと言う。
辞書も書籍カードもGoogleもありませんが、
「調べる」ということばはしっくり来る。

近しい人について若い頃からの自分の記憶を手繰った内容を

していただいたこと
してあげたこと
迷惑をかけたこと

の順に報告するのですが、

私は自分の就職を「してあげたこと」に
何の気なく入れて報告したのです。

その分類の間違いを、直ちに研修所長がされました。

「父親を喜ばすために就職したんじゃないでしょう。あなたが自分のためにしたことをお父さんが喜んでくださったのでしょう。」

はっとした。

そして、人前では泣きませんが、屏風の中では泣けました。
何回も。

食事は3食ともお膳で運んでいただいたものを、
屏風の中で食べる。

「これだけじゃ、腹減りそう。」
なんて思うのだけども、
まさに、「足るを知る」のでした。

ついでに、
2、3日繰り返すと、昔実家にいた犬の気分も味わえる。(笑)

音楽で起床、この時間に研修所長が来たら、そろそろ朝食、
そして昼食、隣で物音がしたから、そろそろお風呂の順番、
そして夕食、そして音楽で就寝…。

頭でなく、心でわかる術だそうです。
ontherightcircle at 18:33│Comments(3)TrackBack(0)Odd Occasions 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まのっち   2006年01月10日 00:08
素直に。。。
謙虚に。。。
そうして自分と向き合えるEinarさんなのだと、私は感じました。
私ならどんな風に、内観するのかな?とも。。。
私の傍に、静寂を連れてきてくれてありがとう。
2. Posted by 恵美子   2006年01月10日 11:56
これってすごい!の一言です。
人の基礎となる部分を知ることで足るを知るになるのかなと感じました。
私はEinarさんの純粋さを感じました。
とても価値ある体験ですね。
3. Posted by Einar   2006年01月11日 18:20
まのっち
研修所で受ける内観は、
きっちりとした型がありました。

自分の好きな連想系は、
ここでは
「それは雑念です!」
と言われてしまったのですよ。(笑)

恵美子さん
基礎、そうなんですよね。

それが、元に戻るとなかなかできません。(汗)

ただ、体験の影響は続いています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile