2005年08月09日

無事に還っておーめーでーとぉー!

ディスカバリー、カリフォルニアに着陸。

野口さん、よかったですね。
JAXAに載っていた彼の日記で紹介されていた映画。
ライトスタッフ スペシャル・エディション
音速突破や有人宇宙飛行を成し遂げた、
何をも恐れないテストパイロットと、
幸せを待つ女達のお話。
宇宙からの帰還
こちらは野口さんが宇宙飛行士になることを決意したという本。
奇しくも上と同じ1983年初版。
これは深かった。

月への軌道に乗る作業が完了した後。
宇宙遊泳中、ちょっとしたアクシデントで、
5分待機している時。
任務が忙しくない時間に起こるのだそうです。

神と言う人もいれば、霊的知性と言う人もいる。

史上類稀な宗教家、求道家が至る境地に
宇宙空間に存在しているという状態が、
瞬時に辿り着かせるのだそうです。

更に人間が集団的無意識を共有しているという、
超能力とか、気とか、以心伝心もそうかもしれない…、
そんな世界も見れたりするそうなんです。

飛行日数がだいぶ延びた野口さんも、
そんな体験をする時間があったのでしょうか。
ontherightcircle at 19:29│Comments(0)TrackBack(0)Books | Cinema

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile