2005年12月

2005年12月25日

内観法に行ってきます。

夜についての講和を

先月、83歳の哲学家から伺った。

「やがて末人の世に夜は弱まり…」

自然科学は自然に手を加える。
都市学(不夜城)は吾不在の我を作る。


視覚認識による3次元がなくなったとき、
時を確認するものは自らの脈動である。

夜は人間を内化し、魂の世話をする。

文化大革命の時に、
辺境に送られ重労働を強いられた中国の哲学科は、
夜になると、
己の信とする文献の
暗誦を繰り返していたという。

目を閉じれば、人は内面に注意が向く。




ということで、
今から暫く内観法を体験してきます。
ontherightcircle at 10:50|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)Odd Occasions 

2005年12月23日

海から23キロ

今日は20km頑張りました。

丸子橋、登戸間、海から13kmから23kmまで走って戻ってくる。
防寒対策にウィンドブレーカー、手袋、耳あてまでつけてったけど、
走れば暑い。

多摩川の川原は、東京で急に景色が開けるから好きだ。

グラウンドがたくさんあって、
アメフト集団、

往きにも、帰りにも、だべってんじゃないの…。
ちゃんと練習したのか?

なんて一人で考えながら。

2時間15分。

名古屋に着いちゃうぜ、なんて思いながら。


やると決めたことを実行することが、
自分の未来に自信をくれた。

そんな時期がまたやって来て、
もう一度走りたくなったんだと思います。

10年前は30kmから来ていた足の痛みは、
今では15kmで出てしまうけど。
ontherightcircle at 21:19|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)Days 

2005年12月21日

想定外

今日は、
コーチングの学校の
アシスタント向け説明会がありました。

輪になって、話をしているうちに、

昔、大学のゼミの最中に、
多分、寝不足か過労だったんだと思う。
突然、椅子から滑り落ちて、
立てずに救急車で運ばれた女性のことを
ほんとに、ふと思い出した。

会社で防火管理委員なこともあって、

最後に、
「もし途中で突然倒れたりする人がでたら、どうしたらいいですか?」

なんて質問をしちゃいました。
どうすれば、
ってそのとき判断して動けばいいだけなんだけども。

「責任」って言葉を使って回答がありました。

反応的には、明らかに変な質問だったな〜、
と今になって思うのです。




ontherightcircle at 22:58|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)Days 

2005年12月20日

らっきょ剥いたら

「ベルグソンの哲学の中に、いったい自分というものは何かというと。ベルグソンはその初めに於いて『自分というものは自分から自分に非ざる総てのものを除いたものである』と説いております。その意味は自分からまず第一に兄弟をとってしまう、その次に両親をとってしまう、その次に家庭をとってしまう、細君をとってしまう、そうして社会性をとってしまって、あとに残るものが自分であるということを言っております。」
清沢洌 現代ジャーナリズムの批判

自分探しのシビアな方法。
コーチングのような暖かさはない。

でも、

一つでも残るものがあるのなら、

「愛と青春の旅立ち」のように、

「俺にはここ(これ)しかない!」

から、

始められると思うんだ。


ontherightcircle at 21:32|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)Days 

2005年12月19日

Your favorite things and My favorite things

ca882822.jpg

週末の対話
で聞いた、いろんな人のいろんな好きなもの。 
今日自分が思い出したその中で残っているもの。


観なきゃ:
フォレストガンプ
愛しのローズマリー

読まなきゃ:
海馬-脳は疲れない
ハリーポッター
向田邦子

美味かった:
外気に冷え切った頭をシェイクする熱いラーメンスープ
近江牛ステーキ茶漬け
白玉ぜんざいと塩昆布とそば茶

ontherightcircle at 21:55|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)Odd Occasions 

2005年12月02日

師走

83ee1865.jpg京都です。

1年前ですが…
ontherightcircle at 00:11|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)Odd Occasions 
Profile