2005年06月

2005年06月29日

人間と卵の白身

運のつき 死からはじめる逆向き人生論
「中国なら人を表すのに「人」という漢字ひとつで十分です。日本に入ると、それが「人間」になっちゃうんですからね。「人間」という表現は中国では世間のことです。「間」は人じゃない。それは世界の常識でしょうが。なのに、人をあえて「人間」にしちゃう。それが日本の世間です。人と世間とが同じ言葉になっている。」P192
「私の人生の主題は、じつは世間と自分との折り合いじゃなかったかと思います。」P209

他人よりももっともっとを追求するアメリカのストレスは脳血栓に、自分がちゃんとやらないと他人様に迷惑がかかる日本のストレスは胃潰瘍にくるそうです。

至極共感。
よくぞ言い当ててくれましたと感心したのです。僕の人生も世の中のいろんなことと折り合いをつけていると最近実感した。

で、これが少し前に読んだ別の本と自分の中で繋がった。
場の思想
「自分流に生きる」西洋型を、殻のままの卵が多数あって、その一個一個が単独に主張している状態とし、「世間で生きる」日本型を、多数の卵を割って、黄身という一個一個が白身という世間に包まれている状態に例える。この卵モデルを提唱するのが、清水博さん。

日本の世間にも「群れの場」と「出会いの場」があって、「自分で生きていない」と、外国人に批判されるのは、前者であって、歴史上の革命的変化は、「出会いの場」による共創がもたらしたのだそうだ。

「この精神の高揚をともなった熱気の中で創造的エネルギーが生まれる・・・群れあおうとする精神からは、この高揚は決して生まれてこない。」p136

集団発想ワークショップを提供してみたいと思うようになった今日この頃。

「どのような状況にあっても信頼されるものは純粋な慈悲心から出た行為である。大きな慈悲心の前には、文句なしに頭が下がる。有り難いと心から思うものを疑うことはできない。・・・慈悲とは自己の生命の活きを他者に与えることである。」p212

内観法にも興味深々な今日この頃
ontherightcircle at 22:34|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Books 

2005年06月13日

続・指揮者のいない音楽会

Kennedy School of Government
"Nobody on the podium: Lessons about leadership from the Orpheus Chamber Orchestra"


先週のオルフェウス室内管弦楽団。
本ではリハーサルの様子がわからないので、ビデオ買いました。

長い間に培われたプロセス、
一人一人の意見を聞き、取り入れることと、
意見が食い違うときは、皆が従うルールがある、
そうです。

一人の楽団員がインタビューで、
「嫌いあう人もいるし、そんなキレイなモンじゃない。」
と答えていて、少し安心した。

ただ、楽団員達が自分達の演奏で満ちたりる感じは、
否定しようがないほどに、ビデオからでも感じられた。
他楽団より、10%いいパフォーマンスをするために
30%余分にリハーサルするそうです。

楽団員の平均年収は、$35,000。
オルフェウスを主収入とせず、
ほとんどの楽団員は、別の仕事で生計を立てているらしい。

「他の楽団に行けば、2倍の給料がもらえるのに、
オルフェウスの一員として演奏することが、
何よりもあなたがたを満たしているのですね?」

とハーバードの教授が最後にまとめたら、
インタビューを受けていた3人の楽団員、
答えにつまっていた…。
ontherightcircle at 22:27|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Coaching 

2005年06月10日

極上メロン 500円?

前の会社の上司。
政治力学をゴリゴリ使う、なぎ倒し系でついていけなかった。
でも、大企業の中間管理職に比べたら、相当な実力。

「俺は営業で生きてるから、この仕事辞めても明日からすいか売りで養っていける。」って言っていた。

ある日の帰り、駅前に、山積みメロンのトラックが。
「2個で500円」って見えやすいところに貼ってある。

『2個ください。』
って言ったら。実は極上メロン、から始まり上等メロン…、…と6種類のメロンの価格表が奥に張ってあった。

そっからは1分もない会話だったんだけど、
まあ、結果だけ言うと、俺、5千円でメロン3個買わされた。
その日来る客への水菓子や、明日帰る実家へのお土産に、
まあいいか、ってね。

すぐ気がついた。
結局トラックには安いメロンと高いメロンの2種類しか積んでなかったこと。
これが上司の言ってたすいか売り(メロンだけど)かと。

でかいメロンが3個透けて見えるポリ袋ぶら下げて山手線に乗ってる自分がとても恥ずかしかった。

悔しいから帰宅後、近所のスーパーに直行。
メロンの柄比べ、値比べをじっくりと。

希望的観測ではまあ、損も得もしなかったと思います。
ただ、スーパーにあるあんな高いマスクメロンは普段、
絶対買いませんがね。
ontherightcircle at 22:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Days 

指揮者のいない音楽会

オルフェウスプロセス―指揮者のいないオーケストラに学ぶマルチ・リーダーシップ・マネジメント
49dcebe7.jpg
オルフェウス室内管弦楽団

ステージ手前真ん中があいている。
指揮者が存在しないのです。

バンドのようにビートもないのに、31人のテンポが乱れない。
足の指でリズムを刻んでみるのだが、
こっちのほうがテンポがわからなくなる。

そんなことより、
同行頂いた人が、俺のせいで開演ギリギリに入り、
演目も知らずに演奏を聴いて、

「妖精が飛んでいるイメージ。」

だと言ってプログラムを読むと、
その曲はほんとに「妖精の園」だった。

クラッシックには疎いから、楽曲自体聴いたことなかったし、
どのオーケストラと聴き比べたらいいのかもわかりませんが、
なんだか音楽が生きていました。

拍手を続けたかいがあって、3回もアンコールがかかった。
ontherightcircle at 22:12|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)Days | Books
Profile